カードローン在籍確認、電話連絡なしで職場バレずに借りる

在籍確認の電話連絡で職場にカードローンの利用がバレてしまうのが不安な方に朗報です!

 
在籍確認の不安を一切なくせる3つの安心材料があります

1.在籍確認の電話連絡なしで借りれるカードローンを選ぶ。
2.在籍確認の電話の言い訳を用意しておきます。
3.実はそもそもカードローン会社(消費者金融)の社名ではなく担当者の個人名で電話がくるから職場でバレない。

 

職場で言い訳を用意するのが面倒な方は最初から書類だけで在籍確認を完了させよう!

 

消費者金融から勤務先への電話連絡をなしにできるカードローンなら誰にも気を遣わずにお金を借りれるので安心です。

 

もちろん在籍確認の審査そのものは借り入れ審査においてどの金融でも必須とされ、回避はできませんが、在籍確認の方法自体は電話以外でも可能とされてるのです。

 

最近では個人情報保護法等で会社への私用電話が禁止されてる企業も増えてますので、書類でカードローン審査の在籍確認をされる方も増えています。

 

当然、書類で在籍確認を済ませてしまえば会社に電話が来ることは一切ありませんので、在籍確認の言い訳を用意する必要はありません。

 

そもそも上記の3番にも記載したように、消費者金融やカードローン会社の社名は名乗らず担当者の個人名で電話がかかってくるので、借り入れする事が職場の人にバレる可能性はゼロに等しいですが、それでももし電話での在籍確認に不安が消えないようであれば、やはり書類だけで在籍確認ができるカードローンがおすすめです。

 

書類で在籍確認をするには?

 

・ 会社員の場合-社員証、社会保険証や組合保険証

 

・ 派遣&アルバイト&パートなどの場合-給与明細や収入証明書

 

以上のような会社名や収入がある事を証明できる書類があれば何でも電話連絡との代替可能になっています。

 

では、勤務先への電話、個人名ならかかってきてもいいけれど、同僚などへの言い訳はどうすればいいのか?

 

在籍確認の言い訳として自然でよく使われてるものとして一番ポピュラーなのが「クレジットカードの在籍確認」です。

 

現代ではネットショッピングが当たり前ですよね、ネットで買い物をするにもクレジットカードは必須です。

 

大人であればクレジットカードの数枚は持っていて当然の時代。

 

ですから、在籍確認の言い訳としてはさらっと周囲に「あ、クレジットカード会社からの電話がきます」がとても自然。

 

このようにクレジットカードなら職場の人もそれ以上深読みせずにさらっと流してくれるでしょう。

 

★ クレジットカードではない言い訳をご紹介。
銀行カードローン
保険会社の契約
マイカーローン
学資ローン
医療ローン
住宅ローン
賃貸契約の際の在籍確認
等、様々なローンがあります。
これらの各種ローンを言い訳にした場合、多少説明が必要なのと、後々にも影響があるローンも存在していますので、取扱注意です。

 

自分の状況に合わせてうまく使い分けする必要があります。

 

★ 「在籍確認の電話」がバレたくない場合の言い訳は?
勤務先の同僚からのイメージをなるべくカードローンとはかけ離れたものにしたくて、在籍確認とは全然遠い言い訳のほうが安心だという方もいらっしゃいますよね。

 

あるいは様々な事情があり、クレカの在籍確認や上記のようなローンの在籍確認は使えないという場合もあるでしょう。

 

★ 在籍確認の電話だということを隠すなら?
自分でハプニングを作り、それを言い訳にしてみるのもアリかもしれません。

 

もしかすると在籍確認の他の言い訳にすり替えるよりも多少不自然かもしれませんが、以下に実例を3つ挙げます。

 

言い訳のイメージ@自分が紛失してしまったものを拾ってくれた人からの電話

自分の名刺が入っていた何かを紛失してしまったとして、その「落とし物を拾ってくれた人からの電話」というのもアリでしょう。

 

実際にたまにあります。

 

しかし、これには事前に職場で「〇〇を紛失してしまった」などとさりげなく話しておくと更に信ぴょう性が高まります。

 

そしてこの電話でもし生年月日の確認をされても、紛失物のの持ち主確認だと思わせれば不自然ではありませんね。

 

次に重要なポイントは「何を紛失したか?」になってきますが、一番無難なのはやはり「名刺入れ」ではないでしょうか。

 

言い訳のイメージA名刺をあげた相手からの電話

仕事やプライベートで会った人に名刺を渡したところ、携帯電話が繋がらない為、職場の電話にかけてきたという事にします。

 

しかしこの言い訳の際に注意しなくてはいけないのが、住所や生年月日の確認をされた際に、名刺を渡した相手に聞かれるのは少し不自然なので、何かしらのもうひとひねりが必要になってくる言い訳です。

 

言い訳のイメージB全く知らない相手からの電話

この言い訳の場合は「自分が職場に不在の場合」のみ有効になりますが、職場にあまりいない人の場合、これが一番楽な「逃げ」パターンかもしれません。
職場の人に後から「○○さんから電話がかかってきてた」と報告されるパターンです。
これ以上、職場に金融会社からは電話がくることはありませんので、
「〇〇さん?って誰だっけな?」なんて言いながらやりすごせば不自然ではないので、カンタンです。
勤務先の人も別に怪しむことはないと思われます。
自分が不在の時に在籍確認がくるのが一番楽だと知り、わざわざ自分の不在時間に在籍確認を希望される方もいるほどです。
なぜなら、在籍確認は、職場の同僚が「〇〇は席を外しておりますが・・・」と伝えてくれるだけでも在籍が取れたことになり、審査にパスできるからです。

 

カードローン審査の在籍確認、不安をなくすなら?まとめ

 

最初から電話での在籍確認なしで借りれるカードローンを選ぶか、言い訳としてクレジットカードの在籍確認だと話しておくか、あるいは自分が不在の時に電話をしてもらうか、等がカンタンで安心な方法と言えます。

 

はじめてカードローンを利用される方の疑問・質問

 
勤務先への在籍確認の電話連絡なしを希望するとカードローンの審査に影響があって厳しくなったりしますか?

在籍確認の電話なしを希望するとこは消費者金融側も想定内のことです。あとは審査の内容によって事情を汲んでくれるかは決まりますが、そもそも審査の基準は担当者のその場の感情では決まりません。

 

データや信用情報機関の情報によって決まります。審査の内容が基準に達していなければカードローンを利用する事はできません。それは在籍確認の電話なしを希望しても、していなくても関係はありません。

初めて利用する際にいきなり高額の借り入れを希望すると審査に影響しますか?

ちなみに借り入れ希望金額はその額によって審査に影響することがあります。

 

5万円から10万円くらいの少額の借り入れ希望では審査に通る基準の審査内容であっても、50万円や100万円といった高額の借り入れを希望した事で、審査に通らなかったということもあります。まずは少額からトライしてみてはどうでしょうか?

イザという時の為にカードローンの申し込みだけ済ましておきたいのですが、すぐにお金を引き出さなくても大丈夫でしょうか?

そういうお客さんは少なくありません。切羽詰まった方も確かに多いですが、出費がかさむ状況を予測してあらかじめ余裕を持って申し込みをされる方です。保険として捉えて、結局借りずに済んだという方もいらっしゃるようです。

 

それでも問題ありません。数日や数週間経過してからはじめて借り入れを行っても問題ありません。ただ、経過してただ30日間無利息サービスを受けられない場合もあるので気をつけましょう。

 

キャッシング 在籍確認

 

カードローン在籍確認審査についてまとめてみました。

 

カードローンを申し込むのに必ず行われる審査のひとつが「在籍確認」になります。

 

ですが初めて耳にするという方もいらっしゃると思います。どんな審査なのか紹介します。

 

「在籍確認」の審査はどれだけ重要なのでしょうか?

 

最も重要だと言っても過言ではないでしょう。「在籍確認」審査の目的は勤務先を確かめることにあります。

 

まず申し込みの段階で個人の情報と勤務先の情報を入力する必要がありますが、その勤務先の情報が間違っていないかを確かめるものなんです。

 

消費者金融を利用する事ができる条件というのは「安定した収入がある事」になります。

 

働いていて、毎月安定した給与を受け取っている方、というのが利用条件、つまりお金を貸す事が可能な最低条件なわけです。

 

「在籍確認」をなしにする事はできますか?

 

それはできません。必ず行われる審査です。しかし在籍確認の電話連絡をなしにしてもらう事は出来ない訳ではありません。

 

申し込むお客様の会社の事情によって、電話での審査が適切に実行する事が困難な場合は他の方法で在籍確認をする事もあります。

 

職場の状況などそれぞれに事情がありますが、それを消費者金融の担当者に伝え、相談する事で考慮してくれます。

 

それまでの審査の内容に問題がなければ、汲んでくれる事もあります。

 

「在籍確認の電話連絡なし」についての記述が公式サイトにないのは何故?

 

すべての方が受けられるサービスではないからです。ほとんどの場合は勤務先に電話をかけることになります。

 

そして審査内容によって、在籍確認電話なしの希望に沿えない場合もあるためです。

 

カードローンご利用者の内訳を紹介

 
カードローン利用者はどんな目的でお金を借りようと思ったのでしょうか。
借入用途
生活費
  旅行費
  借入金の返済用
  ローンの支払い用
  商品購入費用
  サービス購入費用
  冠婚葬祭
  家賃
  クレジットカードの返済
  教育資金
  医療費
  投資・ギャンブルなど