カードローン審査をよりスムーズに通す方法はある?

カードローン審査をよりスムーズに通す方法はある?

 

カードローンを契約するには、事前に行われる審査に通過しなければいけません。

 

同じ年収の人がカードローンを申し込んでも、人によって利用限度額が異なったり、審査で落とされてしまうことがあります。

 

金融機関が行う審査を通過しやすくする方法があるのか見て行きましょう。

 

審査に落ちる理由

金融機関による審査は各社ごとに基準がありますし、また落ちた理由は教えてはくれないことになっています。

 

審査では信用情報機関に照会し、他社への借入・返済状況の調査や、過去に長期延滞や自己破産といった金融事故を起こしていないか調査をするのです。

 

ここで問題があると、ほぼ審査に落ちるといって良いでしょう。

 

また、他社への借入件数だけではなく、申し込みをしたことも記録されていますから、短期間に複数の申し込みをしていると審査に悪影響を及ぼします。

 

この他にも、安定した収入がない、申し込み時に虚偽の申告をした場合にも審査で落ちる原因になるので注意が必要です。

 

審査に通りやすくするために必要なこと

現在クレジットカードやカードローンを利用していて、支払が遅れている場合には早急に解消しなければいけません。

 

しかし、2〜3ヶ月以上もの長期延滞を起こしていると、完済してから5年間は記録が残りますから、その間は審査に通ることが非常に難しくなります。

 

また、他社からの借入件数が多いのも審査に影響がありますから、まとめローンを使うなどして1本化させましょう。

 

借入金額は変わりませんが、借入件数を減らすことが可能になります。