カードローンとキャッシングの違いについて

カードローンとキャッシングの違いについて

 
ほとんどの金融機関で使われているカードローンとキャッシングという言葉ですがこの2つの言葉の違いについてご存知でしょうか?

借り方も返済方法も異なるふたつのキーワードについてその違いを紹介していきます。

キャッシングとカードローン

キャッシングという言葉は広く浸透してきました。キャッシングという言葉はそのままお金を借りることだと殆どの方は理解しています。ですが、最近では消費者金融もカードローンという言葉を使用するようになってきました。イメージを変えるためにキャッシングからカードローンに変更してしるという理由もあるかもしれませんが、その違いは返済方法にあるんです。

キャッシング

一括で返済する方法をキャッシングと言います。一括というのはおよそ30日間。次の給料日で全額返済します。そうなると必然的に少額の借入れになります。一回の給料で返済に充てるわけですから、生活費やその他のローンの支払など必要な金額を残した状態での支払いは、金額も限られます。なのでそれを計算した上で無理のない借入れを行うようになります。

 

利息も一回分なのであまり意識する必要もないように思います。金利ついてはまた後ほど説明します。

 

最近では生活費の補充のために少額借りて、すぐに返済するという利用方法が若い方を中心に増えてきているようです。以前に比べるとずっとライトな利用方法ではないでしょうか。消費者金融というと重く暗いイメージだった以前と比べて、とてもスマートに利用している感じではないでしょうか。

カードローン

分割で返済していく方法がカードローンになります。返済回数も月々の返済額も選択できます。高額融資が可能なのがカードローンになります。審査の際に決まった借入限度額の範囲内であれば、いくらでも融資が可能です。ですが、月々の返済額は給与とのバランスを持って無理のない額に設定する必要があります。かといって長期過ぎる返済期間の設定はそれだけ金利が高くついてしまいます。

 

できるだけ早く完済することを目標とするか、もしくは月々の返済額を出来るだけ少なくするかのバランスが重要になります。バランスが崩れると、返済が遅れたりなど、トラブルとして悪い評価の情報が残ってしまいます。【返済シミュレーション】を使って、無理のない返済方法を考えましょう。

キャッシング・カードローンの金利について

金利が17.8%のプロミスの場合ですが、金利の計算方法を紹介します。

[融資額] × [借入利率] ÷ 365日 × [利用日数]= [利息]

5万円のキャッシングを行った場合の計算になります。
実質年率17.8%で計算

[5万円] × [17.8%] ÷ 365日 × [30日] = [731円]

ですので、1ヶ月後の返済額は50,731円となります。

カードローンとして分割で利用した場合はもっと複雑な計算式になります。それぞれの消費者金融の公式ページに【返済シミュレーション】がありますので、そちらでいろいろ試してみては如何でしょうか。

 

どれくらい借りれば、どれくらいで完済できるように設定すれば良いのか、その場合月々の支払額はいくらか、シミュレーションしてみましょう。

 

ちなみに、はじめは少額からの利用をオススメします。審査の際に希望借入金額を一括で返せる金額にして申込みます。実はそうすることで審査がとてもスムーズになるからです。審査の内容によっては、在籍確認に必要な勤務先にかかってくる電話連絡もなしに出来る可能性もあります。

 

数回利用すれば増額の話も出てくるので、高額融資を希望ならその時にあらためて申込みましょう。