カードローンでのコンソリとはなんの意味でしょう?

カードローンでのコンソリとはなんの意味でしょう?

 

カードローンにはコンソリという用語があります。

 

今回はコンソリには、どんな意味があるのか知りたいという方のための紹介です。

カードローンのコンソリとは?

カードローンでは、コンソリデーションを略してコンソリと呼んでいます。

 

コンソリデーションを日本語に直訳した場合、合同や整理統合といった意味です。

 

カードローン用語ではおまとめする、借り換えするといった意味になります。

 

複数社のカードローンを1社にするのがおまとめ、金利の高いカードローンを低いカードローンに移し返るのが借り換えです。

 

カードローンをコンソリすることで、毎月の返済を楽にする効果が得られます。

 

おまとめした時には1社への返済で済む、借り換えした時には利息分の負担が減るのです。

 

消費者金融や信販など貸金業者のカードローンは、総量規制の対象となっており、借入できるのは年収3分の1までです。

 

しかし、貸金業法に基づくおまとめローンや借り換え専用ローンは、総量規制の対象外となります。

コンソリするまでの流れ

カードローンのコンソリを完了させるまでの流れを紹介いたします。

 

1.おまとめローン、または借り換え専用ローンに申し込みする

 

2.おまとめローン、または借り換え専用ローンから借入する

 

3.借りた分を他社の返済に回して完済させておく

 

4.おまとめローン、または借り換え専用ローンへの返済を続け、完済させる

 

まとめ

新規借入するのではなく、返済するために利用するのがカードローンのコンソリです。

 

借入件数と借入総額が多い方は、返済を楽にするためにコンソリを行ってみて下さい。